関連書籍

『ミグラード 朗読劇「銀河鉄道の夜」』

(古川日出男、管啓次郎、柴田元幸、小島ケイタニーラブ著、CDブック、勁草書房、2013年刊)

古川日出男による脚本決定稿、柴田元幸、管啓次郎の書き下ろし小説、
小島ケイタニーラブのオリジナル楽曲を収録したCDブック。

ミグラードMigrado――エスペラント語で「渡り」。
列車がはしる、わたっていく――幻想第四次の鉄道を、どこかへ。ほんとうの幸いをさがして。
「この列車は、じっさい、どこまででも行きますぜ。」
列車がはしる、わたっていく――
幻想第四次の鉄道を、どこかへ。ほんとうの幸いをさがして。
http://www.keisoshobo.co.jp/news/n361.html

『春の先の春へ 震災への鎮魂歌/古川日出男、宮澤賢治「春と修羅」を読む』

(CDブック、左右社、2011年刊)

「春と修羅」「青森挽歌」「永訣の朝」など賢治詩の代表作を古川日出男が全霊をこめて朗読する。小池昌代、管啓次郎によるエッセー、解説付。
http://sayusha.com/catalog/books/kenji/20120120252

▶ドキュメンタリー映像(撮影・編集 大川景子)

『ろうそくの炎がささやく言葉』

(管啓次郎/野崎歓編、勁草書房、2011年刊)

明かりの消えた夜に1本のろうそくのまわりに集い、その明かりで朗読するための短い詩と物語のアンソロジー。谷川俊太郎、堀江敏幸、新井高子、ぱくきょんみ、小沼純一、柴田元幸、古川日出男ら、国内外31人の作家・詩人が参加して編まれた、東北のための言葉の花束。
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b92615.html
http://lemurmuredesbougies.tumblr.com/

『チェルノブイリ 家族の帰る場所』

(フランシスコ・サンチェス文、ナターシャ・ブストス画、管啓次郎訳、朝日出版社、2012年刊)

1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所事故により、土地を突然に追われ、あるいは愛した土地に留まった〈家族3世代の物語〉を描く、スペイン発のグラフィック・ノヴェル(漫画)。
http://www.asahipress.com/bookdetail_norm/9784255006383/

『英語で読む銀河鉄道の夜』

(ロジャー・パルバース翻訳、筑摩文庫、1996年刊)

賢治をこよなく愛する作家・戯曲家・詩人による、『銀河鉄道の夜』英訳決定版。本公演でも、この訳と柴田元幸訳を併用。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480031631/

『馬たちよ、それでも光は無垢で』

(古川日出男著、新潮社、2011年刊)

あの日以来、私は時間を喪失した。世界はテレビの向うにあり、自分こそが彼岸にいた。涙がこぼれる、自問する、どうして私は死なないのか。どうしたら苦をともにできるのか――。
震災からひと月、作家は福島県浜通りをめざす。目にした現実とかつて描いた東北が共鳴する、小説家が全てを賭けた祈りと再生の物語。

http://www.shinchosha.co.jp/book/306073/