写真館(第2回)

2021年3月11日の「コロナ時代の銀河」公演公開に向け、過去の公演の一部を朝岡英輔が撮影した写真と共に紹介する「銀河鉄道 写真館」を開館(オープン)します。

2013年12月8日(安積歴史博物館)

4-01_20131208_010_DSC_8633

選者:古川日出男コメント

これは私の母校での公演だった。福島県立安積高等学校という。いろんな人たちの力がこの無料公演を実現させてくれた。当日、手伝ってくれたスタッフ数も半端なかったし、来てくださった地元の方の数も半端なかった。写真はリハーサル時の、設営を終えた直後の会場。私が考えたのは、ステージ(演じられる場所)を観客たちに囲んでもらうことと、その囲まれる両側が「川の両岸」となって、私たちが「川のなか」で演じること。管さんも小島くんも柴田さんもこの川を、流れ、奔り、歌い、読んだ。ストーブも共演した。教壇も黒板も共演した。じつはこの会場(安積歴史博物館)は古い木造校舎で、いまは使われていないのだが、その「古い」という歴史を全部ステージに投入しようとした。私が考えたのは「時間との競演」だったとも言える。私が、終演直後に、「ここは川なんです。このステージの組み方は」と説明したら、会場のみんなが「あっ」と声を洩らして、その瞬間に、本当に川が生まれた。あの感動を私は忘れていない。

※なお、会場は2021年2月13日に発生した震度6弱の地震で、(10年前に続いて)ふたたびダメージを受けた。復旧を心から祈る。

朝岡英輔select
4-02_20131208_064_DSC_8729 4-03_20131208_020_DSC_8647 4-04_20131208_511__DSD2921 4-05_20131208_508_DSC_9136 4-06_20131208_612_DSC_9281

2013年12月24日(SARAVAH東京) 5-01_20131224039_DSC1511

選者:柴田元幸コメント

この年のSARAVAH公演は、なんといっても「小島君が熱を出さなかった公演」として記憶される(前年の記憶があまりに強烈なので)。個人的には「かなりの時間、自分がリンゴの木になっていた公演」「自分が音の出ないギターを弾いた公演」「みんなでリンゴを齧った公演」(美味だった)として思い起こされる。

朝岡英輔select
5-02_20131224026_DSD6223 5-03_20131224102_DSC1570 5-04_20131224061_DSC1534 5-05_20131224142_DSC1681
今後の公開予定

第3回 2月24日公開 第4回 3月3日公開 第5回 3月10日公開 ▶「銀河鉄道 写真館」トップページに戻る