ginga2021_1

2021年3月11日14時46分
10年目の新作公演-映像作品「コロナ時代の銀河 」無料配信 決定

ginga2021_1

2021年3月11日14時46分
10年目の新作公演-映像作品「コロナ時代の銀河 」無料配信 決定

2011年に生まれ、上演時期や上演する土地にあわせて脚本や演出を変容させながら、東北をはじめ全国をかけめぐった朗読劇『銀河鉄道の夜』。

朗読劇だけでなく世界こそ大きく変容をとげたこの10年。2011年から10年目の、そしてコロナ時代の2021年、新たに書き下ろした脚本による新作公演を、映像作品「コロナ時代の銀河」として発表します。

多くの方に安心して楽しんでいただけるよう、無観客野外で朗読劇の上演を行い、その映像を編集した「コロナ時代の銀河」。無料配信という形で、3月11日14時46分に発車=公開します。
多くの方のご乗車をお待ちしています。

出演:古川日出男、管啓次郎、小島ケイタニーラブ、柴田元幸
脚本:古川日出男
映像:河合宏樹

※配信URLは本WEB・SNSにてお知らせします。


公開に向けて、銀河鉄道に並走した写真家・朝岡英輔の写真を、出演者4人と河合監督が「とっておきの1枚」を選んでコメントを寄せた「銀河鉄道 写真館」をオンライン開館。5回にわたりご紹介します。

3月11日19時から本屋B&Bにて、映像公開記念リアルタイム配信イベント「コロナ時代の銀河——朗読劇「銀河鉄道の夜」と10年〜無観客野外朗読劇の映像公開記念〜」を開催。
この10年をふりかえるトークのほか、「コロナ時代の銀河」の脚本を特別アレンジで朗読する、リーディング劇を上演します。
チケット特典として、古川日出男オリジナル脚本2ヴァージョン(『銀河鉄道の夜 さそりといたち』『銀河ロックンロール鉄道の夜』)のPDFファイルをプレゼント。さらに河合宏樹監督した朗読劇『銀河鉄道の夜』のドキュメンタリー映画「ほんとうのうた」のDVD(サイン入り)付き限定チケットもご用意します。
※後日郵送
あの日のこと、あれからの10年のことを、思い、考え、感じる時間をご一緒しませんか。


『コロナ時代の銀河 』無料配信

出演:古川日出男、管啓次郎、小島ケイタニーラブ、柴田元幸
脚本:古川日出男
映像:河合宏樹

日時:2012年3月11日(木)14時46分
※配信URLは本WEB・SNSにお知らせします。

—-

本屋B&B コロナ時代の銀河——朗読劇「銀河鉄道の夜」と10年

日時:2021年3月11日(木)19:00~21:00
出演者:古川日出男×柴田元幸×管啓次郎×小島ケイタニーラブ×河合宏樹
場所:リアルタイムオンライン配信
入場料:
・視聴参加+朗読劇の脚本PDF(『銀河鉄道の夜 さそりといたち』『銀河ロックンロール鉄道の夜』の2作品)付き=1,700円+税
・視聴参加(朗読劇の脚本PDF『銀河鉄道の夜 さそりといたち』『銀河ロックンロール鉄道の夜』の2作品)付き+「ほんとうのうた」サイン入りDVD=3,500円+税

詳細、ご予約はこちらから

—-

「銀河鉄道 写真館」

第1回 2月11日
第2回 2月17日
第3回 2月24日
第4回 3月3日
第5回 3月10日

★「コロナ時代の銀河」へ向けて。出演者、監督からのコメント
古川日出男(小説家)

それは昨年の4月のことだったが、日本中が緊急事態宣言下に置かれた時に、どうしてだか分析はできないのだが「ああ、『銀河』をやらないとな」と思った。思いついた瞬間に脳裡に閃いている絵(情景)があった。それはソーシャル・ディスタンスがいかにも可視化されていて、にもかかわらず「人に会えない」ことや「移動が禁じられている」ことを無効にしてしまう絵であり、作品であるようにも感じられた。ちなみに私は「ああ、『銀河』をやらないとな」と考えたわけだけれども、その銀河とは銀河鉄道(賢治の創造物)のことでもあるしこの銀河(天の川)のことでもあると、どこか意識の深いところで了解していた。やれるかどうかはわからないが、やるぞ、と昨年の12月に思い、それが今回のこれである。これはコロナ時代以前の朗読劇「銀河鉄道の夜」とは異なる作品であって、しかし、時代に合わせたオーダーメイドであるのだから、本質的には何も変わっていない。言えることは二つだ。不動であるとは、どういうことか? 銀河系(天の川銀河)は回転運動をしているのに、私たちはつねに「いえ、僕は(わたしは)動いていませんよ」と認識する。そのことに私は希望を見る。二つめ、この作品はオーダーメイドになる。が、しかし、いったい誰がオーダーしたのだ? 私たちはこのクイズに「えっとね、時代がしたんですよ」と回答する。
管啓次郎(詩人)

ガタゴトと音を立てて走っている。ぼくらが乗った車両は1両だけの単独運行。だと思っていたら、その前にも後ろにも車両がついていた。夜の野原の大きなカーヴで見えたところでは、列車はずっと前にもずっと後ろにも伸びていて、それぞれはつつましい窓の光が星の行列のように見えた。乗客はほとんどいない。と思っていたら、ずっと会っていないなつかしい顔のすべてが、きみが思い浮かべると同時に、どこかの窓に現れる。銀河鉄道は記憶装置。ぐるぐる回るこの10年を、改めて空に走らせることができるなら。
小島ケイタニーラブ(音楽家)

北上川の流れにリズムを合わせながら書いた主題歌「フォークダンス」が生まれてから、短くはない月日が過ぎました。
朗読劇の脚本に導かれるように、花巻を一日中歩き回り、イギリス海岸に座ったあの日。
曲が完成した喜びよりも、"何か"を自分なりに受け止めることができたという気持ちに包まれました。音楽人生で初めてのことでした。
10年近くが経っても、その"何か"はまだ僕には言語化できません。そのかわり、歌の中にはしっかり真空保存されています。この曲を奏で歌うたびに、いつでも北上川のあの景色が脳内に鮮やかによみがえるのです。10年目も、変わらずあのイギリス海岸からこの歌を歌いたいと思います。
柴田元幸(翻訳家)

メンバーとは、雑誌に作品を寄稿してもらったり、翻訳書に推薦文を書かせてもらったり、一緒に共訳書を作ったり、と、いろいろ接点はあったけれど、4人一緒に――ソーシャル・ディスタンスを保ちつつも――集まるのはやっぱり格別。それに4人だけじゃなくて、支えてくれるみんなもいるし。……って、自分たちのことばっかりですけど、そこからいろんな人の心に届くことができれば。
河合宏樹(映像)

朗読劇「銀河鉄道の夜」の活動をカメラで追いかけてもうすぐ10年になるだろうか。
2011年12月24日、今は無き渋谷・SARAVAH東京での公演を私は見ていた。2012年が明けたころ、唐突に古川さんから「東北に一緒に行かないか」と声をかけてもらい(会社員だったので大分無茶して行った)、被災地を目の当たりにし、ショックを受けた私にできることは、銀河メンバー、彼らの葛藤を映像に収めること、それだけだった。映像にできることを見誤らないこと、決してカメラに映ったものがすべてだと信用しないこと。その時期から作家としての意識を持ち始めたのだと思う。私は、2014年にこのプロジェクトについて一旦リミックス映画を作ったが、銀河の活動は2018年まで各地で引き続き行われており、見続ける必要を感じ、必ず足を運んだ。
2020年、コロナ禍の中、久しぶりにサシで古川さんとお話しする機会があった。「この情勢でも、銀河にはまだ可能性があると思う」確かそのような事を言ったのだろうか(私は正確には覚えていなかった)。
翌週に「東北(福島)を一緒に歩かないか」との声かけがあった。それは古川さんの別プロジェクトであり、詳細は省くが、私は個人的な理由で同行を諦めざるをえなかった。それでも、彼が歩いた景色を奇跡的に残された写真や文章で後日私は体感することができ、10年経ってもいまだに傷を残している土地や人々との遠隔対話をした。その体験方法は、コロナになった今でも、東北との向き合いを続けろ、まだ方法はある、と誰かに言われているような啓示のようなものであった。
後日、「銀河をやる」と古川さんが宣言したとき、しかもそれが映像を介して世に羽ばたかせるとのアイデアだったとき、やはり映像にできることは?と自答せざるをえなかったが、先述の遠隔対話のように、何年か実現できていなかった銀河の公演を、映像によって東北の被災地と接続することができるかもしれないと、一つの希望を持った。コロナがなかったら、映像を使用した上演はなかった、いま東北にも接続できなかった、そういう意識を持ち、2021年、私は銀河の上演を追いかける。